ENDO SHOJIRO DESIGN
www.endo-design.jp index010203040506070809101112131415movie profile contact
 
幸陽台の家│構造
プランの中央に配された芯壁は、バランスよく全体の荷重を負担する。剛性が大きく異なる木造とRC造が平面的に混在した建物は、水平構面による水平力の伝達が要となる。そこで、水平構面の剛性とせん断耐力を確実にするため28mm厚合板による床構造とした。解析は水平構面の剛性も適切にモデル化した3次元モデルを作成、剛性の違いによるねじれ変形も考慮し設計している。
1FはRC壁が余力として働き耐震性を向上させ、2Fはハイサイドライトを設けることで屋根を浮かせ、屋根と外周部の壁を切り離している。よって2F上部の水平力はRC壁のみで負担する構造となっている。
Term :
Client :
Design :
Structural Design :
Construction :
Site Area :
Total Floor Area :
2007-08
Individual in Kobe
Tada Masaharu + Endo Shojiro
Sato Takahiro
Job Inc.
167.19m2
96.17m2
遠藤正二郎
sitemap

T/F
E
600-8877 京都市下京区西七条南西野町83
075-201-7086
endo@endo-design.jp
    ©2009- ENDO SHOJIRO DESIGN. All Rights Reserved.